読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス

親切なイギリス議会のウェブサイト

現在、イギリス議会で刑務所改革や「バーチャル審理」の導入などを含むPrisons and Courts Billが上程されています。それと関係して、ある保守党議員が「一貫して甘い量刑を下すような裁判官には制裁を加えるべきだ」という趣旨の発言をしたというBBCの記事…

【メモ】最近気になったニュース

日本経済新聞「広告も『勧誘』の規制対象 健康食品チラシ訴訟、最高裁初判断」(1/24) 昨年2月の二審・大阪高裁判決は「不特定多数の読者にチラシを配布した時点では勧誘行為にあたらない」と判断した。だが、同小法廷は「消費者を保護する法の趣旨に照ら…

Brexit裁判、英政府が最高裁で敗訴

本日、イギリス最高裁がBrexit裁判において、イギリスのEU離脱のための通知に関するリスボン条約50条の発動には議会の承認が必要であると8対3の判決を下し、政府側の敗訴という結果になりました。それにしても判決読み上げの映像(以下参照)がすぐに投稿さ…

【メモ】最近気になったニュース

Reuters "China's top judge warns courts on judicial independence" (1/15)、朝日新聞「『司法の独立は誤った思想』 中国の裁判所トップが発言」(1/16) Washington Post "Egyptian court rejects government attempt to give islands to Saudi Arabia" (…

ヘイル卿のBrexitに関する発言が話題に

先日、「Brexit判決と司法の独立性」ということで投稿したばかりですが、今度はイギリス最高裁判事であるヘイル卿(Lady Hale)がマレーシアにおける講演で行った発言が取りざたされています。「Brexit投票には『法的拘束力がない』と最高裁判事が述べる」(…

Brexit判決と司法の独立性

今月3日、イギリス高等法院は、Brexit(イギリスのEU離脱)につき、リスボン条約50条の発動には議会の承認が必要であるとの判決(R (Miller) v Secretary of State for Exiting the European Union。ここでは便宜上Brexit判決と呼ぶことにします)を下しまし…