読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

検察は政治的独立性を失ったのか

今年行われた法務事務次官人事について、Asahi Judiciaryに村山治さんの興味深い記事が掲載されています*1。以下、一部引用します。 複数の法務・検察幹部らによると、この人事の法務省原案では、稲田氏の後任の法務事務次官は林真琴刑事局長(59歳、35期)…

検事総長候補がセクハラで辞職?週刊文春報道

今日発売の週刊文春8月25日号が「法務省激震 検事総長候補がセクハラで辞職していた!」という記事を掲載しています。それほど大きな扱いではありませんが、事実であるならばセンセーショナルなニュースでしょう。則定衛元東京高検検事長を思い出させるよう…

黒川弘務官房長の後任に辻裕教官房審議官

昨日、検事総長と法務事務次官の人事について書きました(「大野恒太郎検事総長の後任に西川克行東京高検検事長」)。今回はその他の人事もまとめて整理しておきます(伊丹俊彦大阪高検検事長を除いてすべて9月5日付。伊丹大阪高検検事長は9月1日。書く順番…

大野恒太郎検事総長の後任に西川克行東京高検検事長

時事通信「検事総長に西川氏=法務次官は黒川氏—政府」(8/15) 8月15日、政府は大野恒太郎検事総長の勇退を認め、その後任に西川克行東京高検検事長を充てる人事を決定しました。また、稲田伸夫法務事務次官は仙台高検検事長へ転出し、稲田次官の後任に黒川…

金田勝年新法務大臣 就任記者会見

8月3日、内閣改造が行われ、先日の参議院選挙で落選した岩城光英法務大臣に代わり、金田勝年衆議院議員(秋田2区、当選衆3回・参2回)が新たに法務大臣に就任しました。今回が初入閣となります。 金田新法務大臣は1949年10月4日生まれの66歳。1973年に一橋大…

女性初の法務省局長、消費者庁長官に

時事通信「消費者庁長官に法務省岡村氏=3代連続で女性」(8/2) 内閣府は2日、坂東久美子消費者庁長官が9日付で退職し、その後任に岡村和美法務省人権擁護局長を充てる人事を発表しました。検察官出身者が消費者庁長官に就任するのははじめてのことで、消費…

赤根智子法総研所長を国際刑事裁判所裁判官選挙候補者に指名

22日、外務省は赤根智子法務総合研究所長兼国際司法協力担当大使を、来年秋に行われる国際刑事裁判所(ICC)裁判官選挙の候補者に指名することにつき、閣議において了承を得たことを発表しました*1。2007年にICCの加盟国となって以来、日本からは齋賀富美子…

今週のニュース5選(2016年3月27日〜4月2日)

朝日新聞「安倍首相、消費増税先送り検討 サミット前後に判断か」(3/26)、産経新聞「消費税10%再延期へ 安倍首相が方針固める 5月に正式表明」(3/28)、Reuters "Japan's Abe expected to delay sales tax rise, call snap election - again" (3/28)、朝…

検事の転勤

前田恒彦「検事の転勤って、どんなもの?」(2016/1/16) いわゆる郵便不正事件捜査における証拠改竄事件で懲戒免職となった前田恒彦元大阪地検特捜部検事の記事。検察組織における転勤について、わかりやすく説明してくれています。以下、その概要を簡単に…

最高検監察指導部という部署

時事通信「法務省人事(10日)」(2015/12/10) 10日付人事。札幌高検検事長に就任した三浦守最高検公判部長の後任に榊原一夫大阪高検次席検事、その後任に北川健太郎大阪地検次席検事、その後任に田辺泰弘那覇地検検事正兼那覇高検那覇支部長、その後任に上…

東京高検検事長に西川克行札幌高検検事長が就任へ

時事通信「東京高検検事長に西川氏」(2015/12/1) 10日付人事。渡辺恵一東京高検検事長が退職し、その後任に西川克行札幌高検検事長が、さらにその後任に三浦守最高検公判部長が就任。加えて、伊丹俊彦次長検事が大阪高検検事長に就任し、次長検事の後任に…