読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【メモ】最近気になったニュース

司法 政治 韓国 イタリア イギリス アメリカ

日本経済新聞広告も『勧誘』の規制対象 健康食品チラシ訴訟、最高裁初判断」(1/24)

 昨年2月の二審・大阪高裁判決は「不特定多数の読者にチラシを配布した時点では勧誘行為にあたらない」と判断した。だが、同小法廷は「消費者を保護する法の趣旨に照らせば、不特定多数に向けた広告を一律に勧誘行為の対象から外すことはできない」と述べた。(中略)
 不特定多数向けの広告を消費者契約法の規制対象に含むかどうかについては、国の専門調査会で議論されている。
 消費者契約法の規定では、企業が事実と違うことを告げた場合などに消費者が契約を取り消すことができる。2006年改正で不当な勧誘をする業者に対し、消費者団体が勧誘行為の差し止め請求訴訟を起こせるようになった。 

 

ロイター「韓国大統領の弾劾審理、3月13日までに終了を=憲法裁所長」(1/25)

憲法裁判所は朴所長が今月末に、別の裁判官も3月13日に任期が切れる。(中略)
韓国では法律上、弾劾審理には最低7人の現職裁判官が必要とされ、うち6人以上が判断を示すことが義務付けられている。
裁判所の事情に詳しい関係筋によると、今回のように重要な裁判の場合、7人の裁判官では少なく、特に判断が分かれた場合は判決の正当性が疑問視される可能性があるという。

 

The Atlantic "The For-Profit Law School That Crumbled" (1/25)

 

ANSA "Italicum run-off KO'd, bonus OK'd (2)" (1/25)

The Constitutional Court on Wednesday ruled a run-off envisaged in the Italicum election law was illegitimate. It ruled legitimate, on the other hand, a winner's bonus awarded to any party getting more than 40% of votes.
 The top court declared illegitimate a part of the Italicum allowing a list head elected in more than one constituency to choose the constituency he wanted to represent.

毎日新聞イタリア憲法裁:選挙法の一部違憲 総選挙前倒し高まる」(1/26)

 現行選挙法は下院のみ対象。第1回投票で得票率40%を超す政党がなかった場合、上位2党の決選投票に進み、第1党が下院(定数630)のうち340議席に達するよう「ボーナス議席」が付与される仕組み。理論上、第1回投票で得票率25%強にすぎなかった政党が過半数の議席を得る可能性もある。
 現行選挙法で総選挙が実施される場合、既成政治批判で支持を広げ、欧州連合(EU)の現状に批判的な新興政治団体「五つ星運動」に有利と予想され、「五つ星」が下院過半数を掌握する可能性が高かった。
 これに対し改正選挙法では2回投票制が廃止され、事実上、比例代表制の1回投票制になる。「五つ星」創設者のベッペ・グリッロ氏は「得票率40%が目標」と息巻くが、「五つ星」、中道左派中道右派の支持率は3割前後で横並びで、第1党の「独り勝ち」は難しくなる。 

 

ANSA "Criminal-justice reform 'not deferrable'" (1/26)

 Measures so far adopted to cut the workload of courts "must be supported by further measures on the length of procedures" to speed up trials.
 Under Italy's three-tiered trial system, verdicts only become binding at the trial of third instance - usually at the highest appeals court, the Court of Cassation - with many cases timing out due to their lengthy proceedings.
 Also addressing the inauguration ceremony in Rome, the vice-president of the judiciary's self-governing body CSM, Giovanni Legnini, called for an improvement in relations between the government and magistrates' union ANM, urging for a "sense of responsibility" and a "culture of dialogue".
 The ANM on Thursday did not attend the inauguration ceremony for the first time as a form of protest against the government over reforms regarding the postponement of retirement age, which the government has only allowed for top magistrate at the Cassation, Council of State and the Court of Auditors, and the timeframe required to apply for a new post.

 

朝日新聞(ザ・コラム)霞が関伝統芸能 そこから見えてくるものは 秋山訓子」(1/26)

 2002年に私は、「改め文」の廃止が俎上(そじょう)に、という記事を書いた。IT政策を検討していた自民党の委員会が「新旧対照表で十分」と廃止を求めたのだ。だが、内閣法制局が「正確さと簡素さのために改め文は必要。反省と検討を積み上げて定着している」と強く主張した。さすがは伝統芸能、そう簡単に廃止とはならなかった。
 年月がたち、再びこの改め文がテーマとなった。昨年、河野太郎国家公安委員長(当時)が「わかりにくい」と、所管の国家公安委員会の規則改正で対照表方式を導入したのだ。河野氏は「配られた改め文を見てもなんだかわからない。新旧対照表を見ればわかる。だったらいらないでしょってずっと思ってたんですよ。大臣が担当のところでは変えられるって言われたので」。その後国土交通省でも、府省令の改正では対照表方式でもいいことになった。
 もう一つ、別の動きもあった。
 政府の働き方の見直しの一環で、この改め文作成作業が無駄ではと指摘されたのだ。検討チームが作られたが、存続派の主張が通った。ある中堅官僚は「法改正の作業のプロセスは、新旧対照表で完結している。改め文のために作業が増えるだけでなく、より難しくわかりにくくなる。伝統芸能の美学と思えてしまう」ともらす。
 とはいえ業務の効率化も大事である。
 で、どうなったかといえば。
 「改め文自動化ソフト」が出来たのだ。

 

共同通信録音・録画で作文調書発覚、長崎 県警、傷害致死事件で自白強要も」(1/26)
朝日新聞長崎県警取り調べ『自白強要する言動』 地検が申し入れ」(1/27)

地検が男性からの訴えに基づき、県警の取り調べを録音・録画した映像で確認した。県警は指摘を受けて捜査を検証したが、取り調べは適正で違法性はなかったと説明している。(中略)
 地検が県警の取り調べ映像を確認し、県警の取調官が事件について、男性の犯行だと決めつけるような、自白の強要とも受け取れる言動で取り調べていたことが発覚。地検は2月末、取り調べを適正に行うよう県警に申し入れた。
 地検はその後、男性を傷害致死ではなく傷害の罪で起訴。長崎地裁での公判では、県警作成の供述調書は証拠として出さなかった。公判では、取り調べの手法については問題にならなかったという。昨年5月、地裁は男性に懲役2年執行猶予4年の判決を言い渡し、刑が確定した。

 

Law Society Gazette "Solicitors from poorer backgrounds earn £6,800 less than ‘privileged’ colleagues" (1/26)

A report published by the Social Mobility Commission states that ‘traditional’ professions such as law remain dominated by workers from privileged backgrounds. However, looking beyond access to the profession, the report suggests those from lower socio-economic backgrounds potentially face a ‘class ceiling’.
The report states that those from working-class backgrounds ‘face a significant "class pay gap” in both the higher and lower division of the professions. In the sector as a whole this translates into an annual earnings pay gap of 17% or £6,800-a-year compared to those from professional backgrounds’.
The gap is explained by differences in education and managerial backgrounds, the report says. But even where education, occupation and level of experience are the same, those from working-class backgrounds are still paid £2,242 less than more privileged colleagues. 

 

Law Society Gazette "Bar is male, pale and privately educated – and it will take women 50 years to catch up" (1/27) 

The Bar Standards Board’s annual report on diversity concludes that some progress was made last year – but it also exposes how far there is to go.
Nearly two-thirds of practising barristers are men and many of them went to private schools. Of 4,000 barristers schooled in the UK who disclosed where they were educated, four out of ten went to fee-paying institutions - compared to 7% of the total population. Some 10,000 barristers failed to answer the question, suggesting the disparity may be higher still.
At 36.5% the percentage of women barristers increased by 0.6 per cent during the last year, but just 13.7% of silks are female (up 0.7%). At current rates of change it would take over 50 years for women to comprise half of all QCs.
Some 12.2% of barristers are black and minority ethnic, but the percentage of BME QCs is 6.4% (up 0.1%). The report notes that on current trends it will take a century for the percentage of BME silks to mirror the general population.
More encouraging for the BSB is the fact that the gender and ethnic diversity of pupil barristers is roughly in line with the population of England and Wales - 51.3% pupils are women. 

 

ロイター「トランプ氏、米最高裁判事の指名難航なら手続き改定も視野」(1/27)

トランプ米大統領は最高裁判事の指名に上院民主党が抵抗すれば、フィリバスター(議事妨害)を打ち切るために必要な票を過半数に変更することも選択肢との考えを明らかにした。26日に放送されたフォックステレビのインタビューで述べた。
上院で採決に抵抗するフィリバスターを打ち切るには60票が必要だが、トランプ氏はこれを51票に引き下げる「核オプション」と呼ばれる規則変更について検討する可能性を示唆した。共和党の上院の議席は52にとどまる。